FX超入門

赤三兵の見方

TOP/FXの練習ができる通貨ペア→米ドル/円ユーロ/円ユーロ/米ドル

3日連続で為替レートが上昇するローソク足の組み合わせを赤三兵(あかさんぺい)と言います。為替相場が底入れした時にこのパターンが出たときは上昇に転換する移行する兆しと言われています。高値圏で出現した時は、反落する可能性があるので注意が必要です。

左の練習メニューから、下図のように赤三兵を赤色の三角マークで表示したチャートを使ったFXのトレーニング(またはシミュレーション)ができます。移動平均線やトレンドライン、RSI、一目均衡表、ボリンジャーバンドなど他のテクニカル指標と組み合わせてシミュレーションすることもできます。無料で利用できますのでお気軽にお試しください。

1・ボリンジャーバンドと組み合わせてシミュレーションした事例

ボリンジャーバンドと赤三兵

長い下ヒゲがー2σのラインを超え、かつ赤三兵が出現した後、為替相場は上昇トレンドへと転換していきました。

2・指数平滑移動平均線(EMA)と組み合わせてシミュレーションした事例

EMAと赤三兵

EMAがゴールデンクロスする前後で赤三兵が立て続けに出現しています。また上昇トレンドを描いている途中では、何度か赤三兵が見られました。

3・陽のカラカサ(長い下ヒゲ)との組み合わせ

陽のカラカサと赤三兵

ニュージーランドドル/円チャートの一時間足です。下ヒゲが極端に長いローソク足を陽のカラカサといい、為替相場の安値圏でこのローソク足が出現した時は、反転する可能性があることを示唆しています。これに加えて赤三兵、上申途上のクロスが出現し、為替レートはそのまま上昇していきました。




Copyright (c) 2014 JyoSyo. All Rights Reserved.