FX超入門

レバレッチの意味とリスクについて

TOP/FXの練習ができる通貨ペア→米ドル/円ユーロ/円ユーロ/米ドル

FXでは少ない資金で、大きな金額の為替取引をすることができます。元手となる資金に対して何倍までの取引が可能であるかを示す倍数の部分をレバレッチといい、このような取引の仕方をレバレッチを効かすといいます。日本語訳で「てこの原理」といいます。小さな力で大きなものを動かすことができるテコに似ていることからここの名称となりました。元手となる投資資金のことを保証金といい、FXではこの保証金を担保にして数倍から数十倍の外貨を売買する仕組みになっており、外国為替保証金取引といわれる所以でもあります。これは株取引にはないFXの特徴で、投資に回せる資金の少ない個人投資家であっても高額な外貨を売買することができます。現在、多くのFX業者が採用しているレバレッチは25倍です。

例)レバレッチを25倍とした場合、1000万円の為替取引を行うにはいくら必要になるか? 答・500万円÷25=20万円

当サイトでは、FXのトレーニングができるアプリを用意しています。左のメニューからひとつ通貨ペアを選択するとアプリの画面に移動します。レバレッチは25倍で設定し、為替レートが動く度に現金や資産、ポジションの評価額がリアルタイムで更新されます。口座開設やインストールといった作業も不要ですので、お気軽にお試しください。購入する通貨枚数を増やすことでレバレッチのリスクとリターンを体験できます。資産がマイナスになると、借金生活に入ったことを意味します。損失分を取り返すことがどれだけ難しいものか体験することもできます。逆に計画的に取引をしていればテレビなどで騒がれているほどリスクは大きくないことも分かってきます。

レバレッチを25倍としているFX業者は下記のとおりです。

 




Copyright (c) 2014 JyoSyo. All Rights Reserved.