RSIは、 オシレーター系の中でとくに利用されることの多い代表的な指標で、 現在の株価が買われすぎの状態にあるのか 売られすぎの状態のあるのかを見極める際に使います。オシレーターとは振り子のことで、株の売買も振り子のように買われすぎたら売られ、売られすぎたら買われるという一定のリズムで波打ちながら推移していくことが多いとからこのような指標が考案されるようになりました。RSIは0%から100%の数値で表され、0%に近いほど売られすぎ、100%に近いほど買われすぎと判断します。

下のグラフは三菱自動車の株価チャートとRSIです。

三菱自動車のRSI

上がローソク足の株価チャートで、下の青色のラインがRSIです。

一般的に70%以上で買われすぎ、30%以下で売られすぎと言われていますので、そのラインを赤色で表示しています。

上図では、30%の赤いラインを下回ったときは買い局面、70%を超えたときは売り局面と判断できますが、銘柄のパラメーターによってはこのようにきれいに売りや買いのシグナルが出ない場合があります。

まず移動平均線やトレンドラインをつかったトレンド分析で売買の判断を行い、RSIのようなオシレーター系指標は、トレンド分析の補助として使用するのがよいでしょう。

 

計算式は次のようになります。

RSI={NA÷(NA+NS)}×100

NA:一定期間の値上がり幅の合計 NS:一定期間の値下がり幅の合計

たとえばRSIの計算日数を5として下のような株価であった場合

日付 10/1 10/2 10/3 10/4 10/5 10/6
株価 202 203 201 202 201 200
値上がり幅   1   1    
値下がり幅     2   1 1

10/6のRSIは、{2÷(2+4)}×100=33%となります。