FX超入門

FXの練習できるアプリの使用方法

TOP/FXの練習ができる通貨ペア→米ドル/円ユーロ/円ユーロ/米ドル

古いバージョンのブラウザ(IE8以前など)ではチャートが表示されない場合があります。最新バージョンのブラウザは下記リンクよりダウンロードすることができます。同時に2つ以上のブラウザをパソコンインストールすることもできます。

使用方法

FXの練習ができるWEBアプリは、どなたでも無料でご利用できます。会員登録やインストールなどの面倒な作業も不要です。仮の資産10万円をどれだけ増やせるか試してみてください。通貨単位は1000以上としてあります。この購入通貨の枚数を増やせば一回の取引で数十万円、数百万円の利益をだせる験できますが、その逆も体験できます。数値がマイナスになった場合は借金生活に入ったことを意味します。実際にFX取引する前にリスクの大きさを体験してみてください。

新規注文と決済

  1. 自動スクロール」または「手動スクロール」ボタンをクリックすると、為替チャートが動き出します。自動スクロールは標準設定において1000分の1秒単位で動きます。ボタン下の数値を変更すれば秒数を変更することができます。数値と秒数の関係は次の通りです。1000(1秒)、5000(5秒)、60000(1分)
  2. 為替レートが上昇しそうなタイミングで「新規買い」ボタンをクリック。
  3. 為替レートが下降しそうなタイミングで「新規売り」をクリックします。
  4. 新規買いまたは新規売りボタンをクリックすると、その下に約定した建玉(ポジション)が表示されます。
  5. 為替チャートを動かすたびに、その下に表示されている評価損益や資産の額、通貨の含み益の数値がリアルタイムで変動します。
  6. 利益を確定するとき、または損切り(ロスカット)するときは、決済する建玉にチェックをいれて、その隣あるテキストボックスに決済する数量を入力し、「決済売り」「決済買い」ボタンをクリックします。

Q・自動スクロールを止めるには?

A・「自動スクロール」ボタンを再度クリックすれば停止します。

テクニカル指標を活用する

  1. 短期・中期・長期の3本の移動平均線を表示させることができます。3つのテキストボックスに計算に使用する数値を入力し、「移動平均線」ボタンをクリックすればチャート上に描画されます。「0」または「空白」すれば、移動平均線を削除できます。数値を「1」にすれば、為替レートの終値で結んだ折れ線グラフができあがります。
  2. 指数平滑化移動平均線(EMA)を表示させることができます。EMAのボタンの左隣にある短期・中期・長期用の3つのテキストボックスに計算に使用する数値を入力してEMAボタンをクリックします。このEMAは1の単純移動平均線よりも早くゴールデンクロスやデッドクロスなどの売買シグナルが出現することがあります。1の単純移動平均線と見比べてみてください
  3. ボリンジャーバンドと書かれたボタンをクリックすると為替チャート上にボリンジャーバンドが表示されます。ボリンジャーバンドの使い方はボタン下にあるリンク先で解説しています。
  4. 一目均衡表と書かれたボタンをクリックすると、為替チャート上に一目均衡表が表示されます。ボタン下のリンク先で使い方を解説しています。
  5. RSIと書かれたボタンをクリックすると、為替チャートの下にRSIが表示されます。ボタン下のリンク先で使い方を解説しています。
  6. トレンドラインのボタンをクリックすると、チャート上でトレンドラインを引くことができるようになります。ラインの引き方はマウスをドラッグするだけです。ライン削除のボタンをクリックすると、すべてのラインが削除されます。
  7. ローソク足を非表示にすることができます。移動平均線のみを表示して分析を行いたいときなどでご利用ください。1回目のクリックで非表示、2回目のクリックで再表示できます。
  8. 為替チャートを縮小表示することが可能です。画面のサイズからチャートやボタンがはみだして使いにくいときはこのボタンで調整してください。1回目のクリックで縮小変更、2回目のクリックで元のサイズに戻すことができます。
  9. チャートのデザインを変更できます。デザイン1が背景白、デザイン2は背景黒のチャートが表示されます。

底入れや天井打ちの兆しを表すローソク足の組み合わせパターンが出現した時、三角の矢印を表示する




Copyright (c) 2014 JyoSyo. All Rights Reserved.