FX超入門

通貨ペアと通貨コード

TOP/FXの練習ができる通貨ペア→米ドル/円ユーロ/円ユーロ/米ドル

通貨ペアとは、取引する通貨の組み合わせのことをいいます。ドル円の交換レートであれば米ドル/円と表示されます。ユーロと円の交換レートであれば、ユーロ/円と表示されます。その他ユーロ/米ドル、米ドル/カナダドル、ユーロ/英ポンドなど日本円以外の組み合わせの取引も可能です。通貨の表示方法は下記のように通貨コードと呼ばれるアルファベット3文字で表されることがあります。

日本円 JPY
アメリカドル USD
ユーロ EUR
カナダドル CAD
オーストラリアドル AUD
イギリスポンド GBP
ニュージーランドドル NZD
スイスフラン CHF
香港ドル HKD
韓国ウオン KRW
シンガポールドル SGD
南アフリカランド ZAR
トルコリラ TRY
ノルウェークローネ NOK
人民元 CNY
バハマ・ドル BSD
東カリブ・ドル XCD

上のコードを使って、USD/JPY、AUD/JPY、EUR/JPYのように通貨ペアを表すことも多いです。FX業者のトレードソフトや注文画面では、日本語ではなく通貨コードや国旗のイラストで為替レートが表示されているケースもあります。

どちらの通貨を先に書くかは共通の決めごとがあり、左側の通貨が基準となります。USD/JPYでは、米ドルが左側にくるので基準となり、チャートが右肩上がりに上昇すればドルが上がったことを表します。チャートが下落すればドルが下がったことを表します。ただし縦軸の目盛蘭には円単位で表示されます。チャートが100円、105円、110円と上昇すれば、円高ではなくドル高円安とみるので注意が必要です。

札束のイラスト

 




Copyright (c) 2014 JyoSyo. All Rights Reserved.